ZIPファイルの準備

Cubism Editorを使用してnizima投稿用のZIPファイルを出力します。
※Cubism 3.2.04 以上のバージョンのみ対応。

1. Cubism Editorでcmo3ファイルを開き、[ファイル]-[組込み用ファイル書き出し]-[moc3ファイル書き出し]を選択します。

2. 書き出し設定画面で、書き出しに必要な設定を行い、書き出し種別のプルダウンで [nizima] を選択します。

書き出しについては、Cubisum Editor マニュアル書き出し-組み込み用データ をご確認ください。

3. nizima用の書き出し設定が開きますので、モデル名とプレビューサイズを選択します。

  • モデル名はデフォルトで、 Live2Dモデルのファイル名 「○○○.cmo3」の「○○○」部分が入力されている状態となります。画像では、「model01.cmo3」というファイル名のLive2Dモデルのため「model01」という文字列がデフォルトで入力されています。
    日本語(マルチバイト文字)は文字化けしたり、使用するアプリによっては未対応だったりする可能性があるため、nizimaでは半角英数字のみで構成されたファイル名の使用を推奨しております。
  • プレビューサイズは必ず原寸より小さいもの(1/2以下)を選択してください。

4. [OK]ボタンをクリックします。

5. 選択したフォルダに[export.zip]、[original.zip]、[preview.zip]の3つのファイルが生成されます。

export.zip:編集不可能なLive2Dモデルファイル
original.zip:編集可能なLive2Dモデルファイル
preview.zip:作品詳細画面に表示されるプレビュー用ファイル
作品の投稿方法

※ギャラリー投稿の際は「preview.zip」のみアップロード可能。書き出しデータ販売「export.zip」やオリジナルデータ販売「original.zip」時に、「preview.zip」を同時に投稿しておくことで、作品詳細にLive2Dモデルプレビューが表示されるようになります。

  • モーションファイルやサンプル画像等を含める場合は、一度ZIPファイルを解凍し、解凍されたフォルダにデータを追加した後、再度、同じ名前でフォルダの圧縮を行ってください。
    モーションについてもファイル名は半角英数字で出力しましょう。
  • 「preview.zip」にモーションファイルを含めるとnizimaのサイト上でプレビュー機能の際にモーションファイル一覧が表示され、モーションの動作確認できます。

書き出し種別[nizima]で書き出すメリット

nizimaで書き出し設定でプレビューのみテクスチャサイズを変更します。

ここで、SDKで一つずつ書き出した場合とnizimaで書き出した場合を比較してみるとテクスチャのフォルダ名が異なります

SDKで1つ1つ書き出した場合nizimaでまとめて書き出した場合
preview用<ファイル名>.512textures
export用<ファイル名>.2048textures
original用<ファイル名>.2048textures

model3.jsonにはテクスチャまでのファイルパス(フォルダ名/ファイル名)が格納されています

テクスチャのフォルダ名が共通であれば、
Viewerでモーションや表情を関連付けして保存したmodel3.jsonのパスがすべて同じになります

「モーションや表情」をオリジナル・書き出し・プレビューで全く同じものを利用するのであれば、preview.zipのmodel3.jsonをViewerでモーションや表情を関連付けして保存した後に
以下のように「モーションや表情」ファイルを同じファイル構成をにして、preview.zipのmodel3.jsonをexport.zip、original.zip内のmodel3.jsonに上書き保存することで簡単に設定が反映できます。

  • SDKの書き出しとnizimaの書き出しを併用する場合はテクスチャのフォルダ名が異なるため、model3.jsonのテクスチャ参照パスを修正する必要があります。
  • また、フォルダ内にcdi3.jsonが含まれていない場合、パラメータ等のID名が全て英語で表示されてしまいアプリなどで使用する際に不便です。書き出し設定にある「表示補助ファイル(cdi3.json)」をチェックし、書き出されたcdi3.jsonファイルも同梱することを推奨しております。

Live2D作品にモーションファイルを含める


アップロード

作成したZIPファイルをnizimaにアップロードします。

1. nizima にアクセスし、サインインします。

2. 右上のメニューから[作品投稿]をクリックします。

3. タブメニューから「Live2Dモデル投稿」を選択します。

4. ファイルをドラッグ&ドロップするか、ファイルを選択するボタンからアップロードするファイルを選択します。

ここで選択できるファイルは以下の通りです。

書き出しデータ(export.zip)
オリジナルデータ(original.zip)
プレビューデータ(preview.zip)
プレビュー用の画像

書き出しデータ/オリジナルデータはいずれか1つは必須プレビュー用の画像は最低1枚必須です。

Live2Dプレビュー画面

  • プレビューデータ(preview.zip) をドラッグ&ドロップしたときにだけ表示されます。

「Live2Dプレビューを表示」をクリックします。

「Live2Dプレビューを表示」 をクリックするとモーダルでLive2Dプレビュー画面が開きます。Live2Dプレビューにて、パラメータやモーションが正常に動作していることをご確認ください。

  • nizimaでLive2Dモデルの元となるイラストを作品を購入した場合のみ行います。

5. 関連マップから、元となるイラストを選択します。

イラスト製作者へロイヤリティを分配するために必要なため、必ず設定してください。
イラストも自作の方はこの設定は不要です。

購入済みのイラストが、関連マップに表示されます。関連マップの一覧から該当のイラストを選択してください。
一覧に表示されていない場合、イラストの購入が完了していない可能性がございます。
該当のイラストをご購入の上、投稿をはじめからやり直してください。

6. タイトルなどの入力項目を入力し、サムネイルの画像の登録が終わったら[投稿する]ボタンをクリックします。

  • 基本的に入力項目はすべて必須項目となります。
    サムネイルは検索結果や作品一覧等に表示される画像となります。詳細ページに表示されるサンプル画像と同じでも構いませんが、別途登録をお願いします。
  • タグは最低1つは指定してください。
  • Cubism バージョン・Cubism ライセンス は、オリジナルデータ販売時にのみ表示される入力必須の項目です。
  • 仕様対応 / 動作確認・販売詳細 は、ギャラリー作品には設定できません。
  • 割引設定の開始日と終了日はサムネイルに表示されません。
  • 割引設定は終了日を過ぎると自動的に削除されますが、5分程度の誤差があります。

ファイルの容量やネットワークの状態によりしばらく時間がかかることがあります。
何度もクリックせずに、しばらくお待ちください。

7. アップロードが完了すると、完了画面が表示されます。

8. 作品詳細ページで投稿した内容に間違いがないかご確認ください。

この状態から審査が開始されます。
審査の結果は、おおよそ3営業日を目安に、メールにてお知らせいたします。


販売開始

審査が完了しましたら、自動的に販売開始となります。
お知らせメールが届きましたら「販売中(カートに入れられる状態)」になっているか、ご確認をお願いします。

1. nizima にアクセスし、サインインします。

2. 右上のメニューから[プロフィール/作品管理]を選択します。

3. タブメニューから[投稿作品]をクリックすると、下部に自身が投稿した作品一覧が表示されます。

4. 投稿作品一覧から、該当の作品をクリックし カートに入れるボタン が表示されていることをご確認ください。


Live2D作品にモーションを含める

Live2Dモデルに特定のアニメーションさせるには、Cubism Editorで アニメーションを作成Cubism Viewer でモデルと関連付けを行う必要があります。
以下は、書き出した「preview.zip」に含まれているLive2Dモデルデータ「○○○.model3.json」にCubism Editorから出力したモーションファイル「○○○.motion3.json」を紐付けする場合を例として説明します。アニメーションの作成方法や書き出し方法は、Cubism Ecitorマニュアルサイト をご確認ください。

  • Cubism EditorのAnimationで作成したファイルをアニメーションファイル「○○○.can3」、そのデータをjson形式(テキストファイルで編集可能な状態)で出力したファイルをモーションファイル「 ○○○. model3.json」と記載しています。
  • サイト上のプレビューを見て購入する人は「プレビューで見られるアニメーションは含まれているもの」と想定して購入するため、同時に投稿する「export.zip」や「original.zip」にも含めるか、作品の詳細にアニメーションファイルの有無に関する注意書きの記載を忘れないようにしましょう。

1. preview.zipファイルを解凍します。

2. 解凍されたフォルダに[motions]フォルダを作成し、モーションファイルをコピーします。

  • 日本語で作成するとWEB上で文字化けして認識しない可能性がございますので半角英数字でのフォルダ作成をお願いします。

ファイル名を確認の際は、拡張子を表示させてご確認ください。
拡張子の表示方法は、ご利用の環境に応じた手順をご確認ください。

3. moc3ファイルを「Live2D Cubism Viewer」で開きます。

Cubism Editorインストール時に拡張子 「moc3」 を規定のプログラムをCubism Viewerに関連付けされている場合はmoc3ファイルをダブルクリックすることでCubism Viewerが起動し編集できます。

4. 「Live2D Cubism Viewer」に[motions]フォルダをドラッグ&ドロップします。

5. [ファイル]-[書き出し]-[モデル設定]より、モデル設定を上書き保存します。

6. previewフォルダを再度zipで圧縮します。